無為のmillefeuilleあるいはBaumkuchen

私自身の問題を多少なりとも解消させ、無為や泰然自若を養うための墓所

333回目

おそ幼女、三方四四古です。

 

えーっと、

 

破滅派の方の合評会。期限は今日中、20日中になるんですけども、

 

今の所までで、提出されております、

 

自分のも含めて9品ですが。

 

拝読したしました。

 

はい。

 

で、

 

とりあえずの各品への採点なんかも済ませました。

 

はい。

 

前回はそう言うのが後手に回りまして。

 

ええ。

 

まあ、私事ではありますが、

 

前回の海の時はちょっと色々と大変だったんですね。

 

うん。

 

ただ、今回は余裕もありましたし、

 

はい。

 

合評会への提出作品、なろうの夏ホラー、もっと言えば即興さんのバトルが後になればなるほど先出のモノとかぶるのと同じく、

 

感想なんてものも、

 

大抵似通ってくるもんですから、

 

はい。

 

今回はなるべくそういうことを避けたくて、

 

はい。

 

提出作品同様に、各御作品への感想も早めの仕掛けと、

 

ええ。

 

どうせ、みんな私の話よりも、深い洞察とか考察がなされてるわけだからね。

 

うん。

 

だから、感想なんかも、

 

深い洞察とか、考察が必要とされてくるわけですよ。

 

ええ。

 

だから、そういう人達の中で、

 

突然、

 

馬鹿がしゃしゃり出てきて、

 

「これこれ、これが面白かったです」

 

って言ってもさあ。

 

うん。

 

嬉しくないよね。

 

うん。

 

私なんてその奥に隠された真のテーマとか全然わからないからね。

 

実はこういうテーマだったんじゃないですか?

 

とか、

 

実はこういうアンチテーゼが含まれているんじゃないですか?

 

とか、

 

全然わかりません。

 

はい。

 

読んだものを読んだとおりにしか、

 

額面通りにしか考えられせん。

 

ですからね。

 

そんな馬鹿が、最後に感想言うとか無いわけですよ。

 

はい。

 

散々マリアナ海峡みたいな考察が繰り広げられた後に、

 

「ここのこういう表現好きですー」

 

って。

 

言ってもさあww。

 

ねえ?

 

という訳で、

 

早いところ、拝読させていただいた感想おば、

 

したためました。

 

はい。

 

とりあえず、本日中に提出される話も何個かはあるかとは思いますが、

 

まあ、

 

でも、

 

全体で15品は行かないんじゃないかなと、

 

思うんですよね。

 

多分ですけども。

 

はい。

 

という訳で、

 

3分の2程度は終わった感じ。

 

ハイ。

 

という訳で、

 

もう個人的には若干の安心をしております。

 

ええ。

 

あと、

 

やっぱりというか、おひとり、ガチのホロコーストで来られた方がおりました。

 

はい。

 

だからよかったよ。

 

ホントに。

 

ガチの強さ。

 

その話にはガチの強さがありました。

 

ええ。

 

私なんて全然知らないから。

 

だから、ガチは避けて、

 

うん。

 

で、自分の話書いたんです。

 

だからよかった。

 

全然知らない私でもガチの強さが分かったくらいだから、多分あれはガチなんだよ。

 

ガチ。

 

で、今回はあれじゃないですかねえ。

 

ええ。

 

だってガチだもん。

 

でも、よかったよ私は。

 

ガチで行かなくて。

 

私なりに必死にガチを考えていたとしても、あのガチに比べたら全然ガチじゃないことになってたよ。

 

おそろしい。

 

そんで、まあ嫉妬しちゃうよね。

 

うん。

 

うらやましいよなあ。

332回目

お晩です。ユイニ、違う。

 

おそ幼女、三方四四古です。

 

間違いました。

 

いつも大体、これが終わってからnoteに行ってたんで。

 

はい。

 

その時のくせが出ましたね。

 

ええ。

 

で、

 

二回目なんですけども、

 

まあ、

 

感想所感とは違うんですけども、

 

即興小説よ。

 

バトルの感想とは違う即興さんの話を久々に。

 

はい。

 

で、

 

まあ、彼の地では長らくお世話になってますし、

 

バトルも一時危ない時期もありましたけども、

 

最近は安定してやらせていただいております。

 

ただまあ、

 

先週ですかね。

 

思ったんですけども、

 

物語感が無いなと。

 

はい。

 

バトル。

 

普段の15分に関してはまあ、この際いいとしても。

 

ええ。

 

バトル。

 

1時間あります。

 

物語感が無いんです。

 

私って。

 

バトル。

 

まあ、初期の頃からそうなんですけども。

 

うん。

 

一時間で何が出来るって話じゃないですか。そもそも。

 

だから、

 

私は私を出すだけでいいか。

 

と、

 

長らく思ってきたんですけども、

 

うん。

 

他者に触発されない私。

 

永遠の私。

 

そう言うのを出すだけで。

 

ってさ。

 

思ってたんですけども。

 

でね、

 

即興負債という制度を設ける以前は、

 

「これは、ちょっとなあ、別に書かなくても」

 

って話は、即興さんに回してたりしたんですよ。

 

ええ。

 

いいお題と必須要素の時すかさず、

 

「あ、こないだ思いついたあれを書く」

 

って書いたりして。

 

うん。

 

でも、即興負債を設けて、

 

それがあっという間に100近くまで膨らんだ時、

 

「もう四の五の言ってられない」

 

って思って、

 

はい。

 

それ以降、思いついた話はバンバンなろうとかにあげていくようにして、

 

はい。

 

だって、即興さんに書いたところで負債減らないからね。

 

うん。

 

だから、

 

そういうスイッチをした時から、それ以前にもまして、即興さんに物語感が無くなりました。

 

はい。

 

最初からないようなもんだけどもさ。

 

でも、

 

私の中では多少あったのよ。

 

10回に一回くらい。

 

バトルは7回に1回くらい。

 

物語感があったの。

 

でも、今はそれが無いような。

 

うん。

 

勿論、それが悪いとは思いません。

 

即興さんの効能というのは余計な物の排出だと思うんです。

 

例えば。

 

例えば、

 

破滅派の合評会に話を書く時の邪魔なものの排出。

 

余計な物があると、余計な物で収集が付かなくなることがあるから、それを防ぐ。

 

うん。

 

まあ、それでも余計な物は付属されるよ。でも、即興さんが無かったらもっとついてるはず。

 

ホロコーストの事かけって言ってるのに全然ホロコーストじゃなくなってしまう可能性。

 

そう言うのがあります。

 

で、

 

即興さんがそれを防いでくれてるんですよ。

 

ええ。

 

だから、

 

普段は別に、何の工夫も無くても、物語感が無くても、

 

へらへらしながらいつもの私を出せばいいとは思うですが。

 

バトルはなあ。

 

って。

 

最近。

 

なんか。

 

せめて、AさんとBさんくらいは出したいよな。

 

って。

 

最近。

 

思うんですよね。

 

はい。

 

そうしないとさ、

 

どの面下げて、バトルに来てるのこの人毎週?

 

って思われるでしょう?

 

うん。

 

だから、それはなんとかしないといけないよなって。

 

思います。

 

はい。

 

それプラス毎週3000字。

 

おかしいけどね。

 

15分で、1000字書けるのに、

 

1時間で3000字って。

 

おかしいけど、

 

まあ、

 

とにかくそれはいったん保留。

 

とりあえず先に着手したいのは、

 

物語感。

 

文字数に関してはそれが定着したら考えればいい。

 

うん。

331回目

おそ幼女、三方四四古です。

 

えーと、

 

今から二回やります。

 

はい。

 

金土分です。

 

はい。

 

で、

 

とりあえずあのー、

 

最近ね、

 

「今月の破滅派の合評会大丈夫かな。私が提出した以降誰も出してないけど、来週の月曜日だよね期限?ホロコーストでみんなあれなのかな?出さないのかな?みんな将来オリンピックに携わりたいと思ってるのかな?」

 

って書いてましたけど、

 

大丈夫でした。

 

ええ。

 

金曜日から皆さん出され初めまして。

 

ええ。

 

私が最後に見た時はもう、9品の提出がされておりまして。

 

はい。

 

今月の合評会も無事に開催されそうな感じでした。

 

ええ。

 

杞憂でした。

 

はい。

 

で、まあ、その、

 

勝手にね色々と書いたもんだから、

 

ここでも書いたし、

 

あと、

 

即興さんのネタにもしちゃったりして。

 

はい。

 

だから、とりあえず、先ずそれを謝っておきたい。

 

謝罪の意を表明させていただきたい所存。

 

うん。

 

すいませんでした。

 

はい。

 

それにまあ、考えてみたら破滅派ですもんね。

 

そら、誰もオリンピックに携わりたいなんて思ってないでしょう。

 

うん。

 

破滅派の人がオリンピックに携わったら破滅的なさ、なんかそういうセレモニーになってしまうでしょうよ。

 

ええ。

 

その国の威信をかけてやるもんだからね。

 

オリンって。

 

技術の推移とか、環境のすばらしさとかさ、手厚いサポート制度とか、そういうのをお見せするもんでしょうからね。

 

そういう所に破滅派の人が携わるわけないですよね。

 

うん。

 

まあ、

 

下水が排出される所でトライアスロンやったみたいな事はTwitterで見たけども。

 

あれだって、本当かどうかわからないしな。

 

ねえ。

 

フェイクかも知らん。

 

もし本当だったとしても、私のいる場所とは違う世界の話だし。

 

どうでもいいです。

 

はい。

 

という訳で、破滅派、今月の合評会のテーマ、ホロコーストも大丈夫そう。

 

という事で、

 

まあ、誰が心配しているんだと思われるかもしれないんですが、

 

まあ、早々に話を出した身としては一安心。

 

という感じです。

 

あと、

 

自分の書いた話にも感想いただきましたし、

 

そろそろぼちぼち、私も他人様の話に感想をしたためたり、

 

感想への御礼状的返信をお返ししていきたい。

 

こうしてSNSをやりだして、気持ちも上向いてきましたし。

 

と、

 

思って破滅派に行ったんですけど、

 

今落ちてるんです。

 

破滅派のサイト。

 

落ちてるんです。

 

はい。

 

だから、

 

自分の話の見直しも出来ないし、

 

感想への返信も出来ないし、

 

他人様の話を読むことも出来ないし、

 

はい。

 

困ってます。

 

急いでくださいとは申し上げませんが、

 

ただまあ、

 

早めにね。

 

復旧していただけると助かる所存です。

 

ええ。

 

 

330回目

おそ幼女、三方四四古です。

 

えーっと、

 

私ごときが心配する話じゃないんですけども、

 

例年というか、

 

いつもだったら、

 

もうそろそろ、ぼちぼちと、

 

破滅派の合評会の参加作品が提出される頃なんじゃないかと思うんですけども、

 

はい。

 

何せ提出期限まであと1週間無いよね。

 

あと一週間。来週の月曜いっぱいという事で。

 

ええ。

 

ただまあ、

 

今回はなんか、集まりが悪いんじゃないかと。

 

うん。

 

心配しています。

 

ええ。

 

いや、私が心配する事じゃないし、

 

あとまあ、多分いつもの方々がね、

 

期限日当日に、

 

出してこられるでしょうから。

 

ええ。

 

で、

 

ちなみにという事でもないんですけど、破滅派の合評会って最低5個は集まらないと、開催されないんですってよ。

 

はい。

 

で、

 

海の時はもっと集まりよかったような気がするんですけども。

 

どうなんでしょうか?

 

ホロコーストだからでしょうか?

 

あるいはあれなんでしょうか。

 

皆さん、将来オリンピックに携わりたいから、

 

ホロコーストの事をネタにするのは良くないとお考えなんでしょうか。

 

このままではね、

 

私も含めた三人だけが、

 

将来オリンピックに携われないという状態なんですけども。

 

心配です。

 

はい。

 

私が心配する事じゃないですけども。

 

知らねえ裏道の端っこの路傍の石程度の奴がね。

 

そんな事を心配するなんて何様っていう話なんですけども、

 

でも、

 

まあ、一応早く書いた分ね。

 

うん。

 

気になる。

 

私が出したのは、今月の1日ですよ。

 

そっから2週間音沙汰ないわけです。

 

そら心配です。

 

ええ。

 

いつもだったら、まあ、このくらいのタイミングで、7~8個くらいは集まってると思うんですけども。

 

うん。

 

あ、

 

あと、

 

ちなみになんですけども、

 

私の書いた『心』の話の立松太一ってい人の名前は、

 

海の命の作者様でいらっしゃいます、

 

立松和平さんという方の名字と、

 

海の心の話の中の太一という人の名前をただ、つなげただけのものです。

 

はい。

 

子供の頃学校の国語で習ったけども、なんとも思わなかったこの海の命、

 

ホロコーストっていうお題が出た時に、

 

なんとなく思い出して、

 

で、

 

ネットで調べてみたら、

 

全文読めるサイトがあって、

 

で、

 

読んだら号泣したんですよ。

 

はい。

 

何にも覚えてなかった分号泣。

 

号泣したんです。

 

感動したんですね。

 

ええ。

 

なんて素晴らしい話だろうと思って。

 

はい。

 

覚えてなった分ね。

 

そんな風に感じまして。

 

だから、海というテーマは前回の合評会で終わってしまったけども、

 

でも、

 

どうしてもこの話を、この話にインスパイアされたような話を書きたいと思いまして。

 

はい。

 

私は、

 

心を書きました。

 

ええ。

 

あと絵本も欲しくなりました。

 

ええ。

 

それはもう欲しくなりました。

 

 

329回目

おそ幼女、三方四四古です。

 

えーっと、本日は先日やりました即興バトル所感です。

 

はい。

 

で、

 

まず、まずあるのは、

 

最後まで書ききれなかった。という事です。

 

はい。

 

尻切れトンボになりました。

 

それが、まあ、地味にショックだったという事はありますね。

 

ええ。

 

ちなみに内容は、

 

先日の土曜日、北浦和コメダ珈琲に行って、その後お風呂に行ったんですけど、

 

その後サイゼに行ったんですよね。

 

ええ。

 

アメブロ等々では書いてないんですけども、

 

はい。

 

だってねえ。

 

コメダ行ってお風呂行ったっていう事だけで充分にその日の分書けるしね。

 

だから、

 

だからって事も無いんですけども、

 

多少まあ、

 

湯あたりしたような状態でふらふらとサイゼに行ったんですよ。

 

そんな状態で行ったからなのか、

 

ちょっとね、

 

記憶からもアメブロからも取りこぼしたような感じになって、

 

はい。

 

ただまあ、

 

そんな感じでサイゼに行ったんで、

 

サイゼの事を書こうと思って。

 

ええ。

 

で、

 

サイゼのトイレで自分にできなかった事を平然とやってのけた女の人を刺す。

 

そんな話を書きたいなと思いまして。

 

はい。

 

自分に出来ない事を息でも吸うみたいにやった自分とは全く違う場所に生きてる人に憧れとも焦燥とも何か得体のしれない感情を持った私という生き物が、

 

丸っこいとてもじゃないけど誰かを切れそうもないナイフで刺す。

 

っていう話を書きたくて。

 

ええ。

 

で、

 

そうなった経緯として、

 

お題とか必須要素を用いて、

 

あと、

 

壁に描かれた絵なんかをサインめいたものと見立てて、

 

うん。

 

で、

 

どうしてそういう話を書こうと思ったのかという事なんですけども、

 

ふと思ったんです。

 

先日。

 

「私の即興バトル品は説明的過ぎやしないか」

 

と、

 

ええ。

 

3000字書きた過ぎて、

 

色々といらないモノを詰め込んで、

 

とにかく羅列が酷いんじゃないかと。

 

はい。

 

物語性が無いんじゃないかと。

 

うん。

 

今更。

 

でも、何でしょうね。

 

なんか、

 

とにかくそういう事になったんです。

 

私のメンタルが。

 

「たまには物語性のあるものが書きたい」

 

って。

 

だからまあ、

 

そう言うのを書いてみようと。

 

はい。

 

思ったんですよね。

 

で、そう思って書いてみたら、

 

尻切れトンボになったというか。

 

はい。

 

慣れないことをやろうとしたら、失敗したみたいな。

 

うん。

 

型崩したら最後まで書ききれずというか。

 

ええ。

 

そんな感じになりましたよね。

 

うん。

 

でもまあ、

 

そうは言っても3000字超えたし。

 

はい。

 

最初はちょっとその進行の遅さにビビってたんですよ。

 

今まだ、こんな感じなのにこれ3000字行くのかなあって。

 

だから、結果的に3000字行った時はうれしかったです。

 

はい。

 

まあ、とりあえずそれですかね。

 

はい。

 

328回目

おそ幼女、三方四四古です。

 

二回目です。土曜日分です。

 

で、

 

最近合評会もありすっかり破滅派の方ばかりに行き来してまして、

 

今日久方ぶりに、なろうに行きましたところ、

 

夏ホラーの方に何件かの感想をいただいておりまして、驚いた次第です。

 

はい。

 

私の中ではもうすっかり終わったもんだと思ってて。

 

うん。

 

終わったらもう誰も見向きもしないだろ。って思ってたんで。

 

ええ。

 

びっくりしました。

 

まあ正直、夏ホの最後の週くらいにはもう私的には終わってましたよね。

 

ええ。

 

破滅派の合評会のホロコーストが出たからね。

 

うん。

 

で、

 

一応感想貰ったっていう事もあり、

 

もろもろを見返してみたんですけども、

 

今年一番高い評価を得たのは、トンネルの様で、

 

それも驚いてます。

 

はい。

 

トンネルってそんな面白いかな?

 

いや、私は好きだけどさ。

 

でも、

 

それは書いた当人だからさ。そら面白いじゃん。

 

書いた当人なんだから。

 

ちなみに私が最後に見た時一番評価というか、

 

まあ、

 

ポイントを貰ってたのは、

 

書くでしたので。

 

書く、かあって思ってたんですよね。

 

だってあんなもん、書くと恋慕で、かくれんぼで、かくれんぼじゃないからね。

 

正規のかくれんぼと違うから。

 

まあでも、

 

今、考えると、正規品のかくれんぼは提出してないかなとは思いますけども。

 

ええ。

 

ただ、

 

立体駐車場の話とか、レビューもいただきましたし、

 

はい。

 

久々に再訪したら、ありがたいことに感想いただいてましたし。

 

はい。

 

今年の夏ホラーも楽しかったですね。

 

ええ。

 

去年とは違うモチベで臨んで、

 

駅と違ってかくれんぼに興味なさ過ぎて、故に生みの苦しみ。

 

みたいなものは有りましたけど、

 

でもまあ、そういう状態だったから生まれた話もあるのではないかと思います。

 

はい。

 

まあ、去年の駅は駅で問題あったかもしれないですけどもね。

 

うん。

 

だって、タワマンを眺めてタワマンの話思いついて、書いて投げてたからね。

 

去年はそういう所がありました。

 

今年は、眺められるかくれんぼが無かったんで、まあ、その分多少想像力を働かせたというか。

 

はい。

 

まあ、そんな感じです。

 

ええ。

 

あと、

 

もうそろそろ投稿の期限まで1週間という事もあり、

 

破滅派の心、

 

の編集を終えたいんですけども。

 

はい。

 

未だに見直すと直したいところが出てくる始末です。

 

ええ。

 

あと足したい部分とかも出てきてまいります。

 

うん。

 

なんとか6000字に削りたいって言ってたのに、

 

結局あれよあれよと、7000字近くになってしまいました。

 

ええ。

 

でも、

 

馬鹿みたいな事を沢山書きたかったんでね。

 

うん。

 

仕方ないですね。

 

ええ。

 

ただまあこれ以上は自重したいところ。

 

うん。

 

327回目

おそ幼女、三方四四古です。

 

今日も二回やります。

 

はい。

 

これやって、田島やって、これやります。

 

ええ。

 

どうしてもね。

 

金曜から土曜にかけてって言うのはあれなんですよね。

 

新習慣にしようとしている。

 

北浦和コメダお風呂の流れがありまして。

 

ええ。

 

という訳で、

 

まず一回目、金曜日分の三方なんですけども、

 

特に書くことがありません。

 

はい。

 

強いて上げるとしたら、

 

アメブロでもちょっと書きましたけど、

 

コメダ珈琲でもっとゆっくり過ごしたいんです。

 

はい。

 

というのもですね。

 

はじめてのコメダでは、

 

二時間いました。

 

ええ。

 

んで、

 

コメダでお風呂をサンドしました。

 

ええ。

 

最初二時間。

 

お風呂後の二回目1時間半。

 

位いましたよね。

 

はい。

 

で、その最初の方のコメダ二時間で何をしていたかというと、

 

まあ、コメダという新しい世界を楽しみつつ、

 

破滅派の合評会の話を考えるというのをしていたんです。

 

はい。

 

メモ帳出してさ、

 

珈琲飲みながら、

 

ホロコーストに伴って、あ、今月の合評会のお題ね。

 

考えついてたアイデアをまず整理して、

 

統廃合して、

 

五個に絞って、

 

で、

 

その中で、一番強いかなって思う話の事を、

 

プロットっていうほどじゃないよ。

 

そんなプロじゃないし。

 

その話の流れをこう書きまとめて、

 

はい。

 

これだと説明文長くなるなあ。

 

って思ったんだけど、

 

でも、

 

もう書きたいしコレ。

 

っていう感じで、

 

うん。

 

とにかく早く出したいし。

 

期限まで抱えていたくないし、

 

期限まで抱えてて、モータースポーツ(以前の破滅派の合評会のテーマ)の時みたいになるの嫌だし。

 

うん。

 

思いついたものはさっさと出して、

 

期限まで修正していけばいいじゃん。

 

って。

 

はい。

 

これは全然回の合評会(ワクチン)の際に、

 

「私はこっちの方が合ってるんじゃないか?」

 

と思って採用しました。

 

はい。

 

それにほら期限を過ぎてからの修正ってなんとなくあれじゃないですか。

 

ずるいというか。

 

うん。

 

私の感覚だけど。

 

で、そんな折、

 

コメダ珈琲に行きたいという欲が爆発して、

 

はい。

 

コメダ珈琲に行く計画を立てて、

 

で、

 

北浦和に行くなら、と、お風呂の計画もそれにくっつけて。

 

うん。

 

で、

 

総合的に計画立てて、

 

どこでどれくらい居るとか、そういうスケジュール立てて、

 

コメダ珈琲とお風呂と北浦和に行くバスの時刻表とか、諸々をネットでブックマークに入れて、専用のフォルダにまとめてぶち込んで。

 

スマホでも見れるようにして。

 

で、

 

その最初のコメダの際、

 

バスとかとの兼ね合いの結果、

 

コメダ二時間という事になって、

 

でも二時間もいる自信なくて、

 

うん。

 

だから、破滅派の話考えたら、一時間くらいはつぶれるんじゃないかと思いまして。

 

はい。

 

で、

 

実際コメダでコーヒー飲みながら、メモ帳出して、

 

それにメモとか、流れとか書いて、

 

あーでもないこーでもないってやってたら、

 

楽しかったんです。

 

はい。

 

非常に。

 

非常に楽しくてですね。

 

ええ。

 

二時間とか秒でした。

 

それくらいの体感でした。

 

「もう30分経ってる!?」

 

ってなりました。

 

珈琲も二杯飲んじゃったし。

 

あと、

 

家では全く何もしないんです。

 

コメダ珈琲でわかったんですけど、

 

外に出るとどうしてああも色々と考えられるんだろうかと思うほど、

 

家では何もしないんですよね。

 

ええ。

 

今だってそうです。

 

何もしてないです。

 

はい。

 

暇なら話でもなんか適当に書いてさ、そんで、その上でこのはてなに望めばいいじゃん。

 

そんでその話の事書けばいいじゃん。

 

でも、

 

何もしてなくて。

 

はい。

 

ただ、ずっとあへーってなってただけです。

 

はい。

 

という訳で、

 

コメダにもう少し居たいんです。

 

話とか考えてメモ帳にメモしてとか、

 

そう言うのしたいんですけど、

 

今現在のバスでのスケジュール、お風呂のスケジュールなんかを考えるとコメダに長く居れなくて。

 

はい。

 

30分とか。

 

かといって、コメダ風呂コメダって言うのも恥ずかしく。

 

でも、

 

お風呂上りのコメダって言うのもちょっと、時間帯的に混んでくる感じがあって。

 

はい。

 

ただまあ、

 

帰りのバスをもう一つ遅らせたら居れるんですけど、

 

でも、

 

外に出たら外に出たで、

 

私の本質って、

 

「早く家に帰りたい」

 

だから、

 

うん。

 

というわけで、もう少しコメダに居たい話です。

 

話でした。

 

はい。